Blog

ブログ

FAQ_承認しただけ残業手当を支給できるか、について(勤怠管理システム)

  • 2020年4月15日
  • FAQ

 

株式会社TECODesignでは、勤怠管理システムの導入支援を実施しています。

 

働き方改革関連法案の残業上限規制に後押しされる形で、時間外労働の管理については、特に多くのご質問があります。

中でも、時間外労働の計上については勤怠管理システムの導入時にほぼご質問いただきます。

従業員が打刻した時間どおりに残業手当を支払うのではなく、従業員の残業申請が上長に承認されたもののみを、残業手当として支給されたい、という内容です。

このあたりは実際に使ってみないと分からないところだと思いますし、タイムカードに打刻した時間は、賃金(給与)に直結しますので、しっかりと確認して進めていきたいポイントだと思います。

 

現時点での、各社の対応可否を取りまとめています。ご参考になれば幸いです。

サービス名 申請・承認のあったものだけを残業に計上できるか
KING OF TIME 対応可能
Touch On Time 対応可能
IEYASU 対応可能(有料プラン)
ジョブカン勤怠 対応可能
マネーフォワードクラウド勤怠 対応不可(エラー表記は可能)
人事労務freee 対応不可(申請自体は可能)

 

【TECODesignでは、勤怠管理システムの比較・選定・導入に関するご相談を承っております。】

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせフォームから、ご相談いただけます。

オンライン相談会も実施しています。

オンライン相談会はこちらからご予約いただけます。